オモーション
2020年06月05日(金)

オモーション

新着ニュース30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 株式会社スリーズコム

学校向け対応も可能な「子供向け手作りマスク」を新発売。豆てぬぐいので作ろう。マスク不足も解消にもなりおすすめ
2020年3月27日 株式会社スリーズコム
Yahoo!ブックマーク  Buzzurl livedoorClip Flog Googleブックマーク del.icio.us ニフティクリップ  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

記念品販売を手掛ける株式会社スリーズコム。3月25日に文部科学省から学校の再開にむけて手作りマスクの普及を要請する方針がありました。そこで、豆手ぬぐいを活用した手作りマスクを展開します。市販のブランドメーカーマスクの確保が難しいため、感染予防は完全ではありませんが、手作りマスク中ではおすすめです。商品は日本製であり、和柄の模様がメインとなっております。非常に可愛らしいタイプで、季節感も充実しております。12種類の和柄があります。

3月25日に文部科学省から、政府の休校から再開に向けて自治体や学校に、手作りマスクの普及を推進する要請がありました。

そこで法人販売を主体とした記念品販売を手掛ける株式会社スリーズコムは、マスク不足から独自提案している12種類の和柄の豆てぬぐいを、手作り用の子供向けマスクとして新商品販売します。


「学校の子供のマスクは手作りで~学校の再開で~可愛い和柄が沢山。マスク不足を解消し、本体には手作りマニュアル付」

https://www.3scom.com/kindergarten_gift/


サイズは29×33センチのハンカチ大サイズ。これを三つ折り程度にすれば、自由にサイズを変更できます。このため簡単に子供向けマスクが展開可能です。

本体は和柄で季節の和柄(さくら・花火・金魚・とんぼ)や、伝統柄(市松・麻の葉・青海波)や、縁起柄(だるま・ふくろう)などもあります。


このように子供でも楽しく作れる絵柄であり、日本の伝統柄であるため、白マスクのような味が無いものではなく、アニメのキャラクターのようなものではないのでおすすめです。

また、小さい子供でも簡単に作れるようにマニュアル付となっております。耳ゴム部分は普段から使っている部分を活用することで、豆てぬぐい代だけとなります。

コロナ不況で、運用コストも重要です。使い捨て子供マスクの耳ゴムを再利用することで、エコにもつながります。


【スリーズコムとは】

埼玉県川越市で2001年に創業。企業向けのネット通販で、周年記念品や卒業記念品などを販売。専門店「記念品ストアー」にて販売中。従業員3人の零細企業。



提供元:valuepressプレスリリース詳細へ