オモーション
2021年05月12日(水)

オモーション

新着ニュース30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 株式会社コネクター・ジャパン

LINEテクノロジーパートナーのコネクター・ジャパンが開発「自治体向けLINEワクチン接種予約システム」で全国各地延べ100万人分の接種予約を受け入れ開始
2021年4月16日 株式会社コネクター・ジャパン
Yahoo!ブックマーク  Buzzurl livedoorClip Flog Googleブックマーク del.icio.us ニフティクリップ  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

株式会社コネクター・ジャパン(東京都千代田区)は、新型コロナワクチンの接種に特化した自治体向けLINEワクチン予約接種システムを開発し、全国各地延べ100万人分の接種予約の受け入れを開始したことをお知らせいたします。住民は接種予約や予約確認も全て、使い慣れたLINEのインターフェースで行うことができます。自治体や接種会場は受付状況をリアルタイムで確認し、接種情報の登録・管理をスムーズに行うことが可能です。自治体の規模感を問わず導入しやすい低コストでありながら、高機能・使いやすさを追求したシステムです。

今回の「自治体向けLINEワクチン接種予約システム」は、2021年3月中旬に正式リリースいたしました。厚生労働省の発表に伴って、各自治体での新型コロナワクチン接種の受け入れ体制の準備が進められるなか、全国各地から多くのお問合せをいただいております。現在も全国各地の自治体で導入が決定しており、住民延べ100万人分のコロナワクチン接種予約が当システムを通じて受付・自動管理化される見込みとなっております。

▼説明資料:
https://cnctor.jp/production/vaccine/proposal_cnctor.pdf

▼2月12日付プレスリリース「自治体向けLINEワクチン接種予約システムをLINEテクノロジーパートナーのコネクター・ジャパンが提供開始」:
https://www.value-press.com/pressrelease/264289


■低コストでありながらも高機能なシステム、各自治体に合わせ接種管理設定のアレンジも可能
1.月額費用は接種会場ごとに3万円(税別)
同機能のシステム導入には、通常だと初期費用だけで200万円以上のコストがかかります。また、導入後の月額費用も平均15万円ほどの負担となるのが一般的です。そのため、小・中規模の自治体にとっては導入検討に踏み切るだけでもハードルが高いと言われています。

しかしLINEテクノロジーパートナーであるコネクター・ジャパンが開発した今回のシステムは、自治体の規模感にかかわらず導入できるよう安価での提供に努めました。自治体と接種会場である病院や医療機関での予約枠と住民からの接種予約を一元自動管理でき、ワクチン接種円滑化システム V-SYS(ブイシス)との連携も想定されており、低コストでありながらも高機能を実現させたシステムです。

2.契約期間は最低3か月で導入のハードルが低い
通常であれば、契約期間は最低でも1年以上で年度途中の契約・解約はできないケースが多いです。コネクター・ジャパンでは契約期間を最低3か月からとしており、年度途中でも気軽に導入可能なスキームになっております。

3.自治体ごとで異なる接種ルールにも対応した自由度の高い設定ができる
コロナワクチン接種を受け入れるルールは、自治体によって下記のように異なる場合があります。
・「1回目と2回目は同じ会場でなければ予約ができない」
・「予約の受け入れは初回接種のみ(もしくは2回目の接種のみで初回接種予約は受け付けない)」
・「1回目を接種しないと2回目が予約できない」
今回のシステムでは、このように接種ルールが異なる場合にも対応。各自治体の制定に合わせて簡単に管理設定を行うことが可能です。


[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM3MTU2NSMyNjcyNjMjNzE1NjVfcVp3UnBBV0h5Zy5qcGc.jpg ]

■利用料金
初期導入費用:30万円(税別)
月額費用:3万円/接種会場ごと(税別)
*作業に伴う出張が発生する場合は、交通費・宿泊費等の諸経費を別途申し受けます。
*基本機能以外のオプション機能の利用やカスタマイズ開発などは別途費用がかかります。
*多数の受注をいただいた場合は納品がずれ込む可能性もございます。スケジューリングは臨機応変に対応いたしますので、まずはご相談ください。


■開発実績
コネクター・ジャパンはLINE公式パートナーである「Technology Partner」(公式アカウントを中心軸としたAPI関連サービスと連携し、開発サービスを提供するパートナー)として認定されており、2,000施設以上の累計導入実績がございます。

<一例>
・旅館・ホテルのIoT技術を活用した3密対策LINEシステム「三密代官」:https://3daikan.com/
・LINEから簡単に予約・注文受付ができる店舗向けの自動予約・注文管理システム「リピッテ」:https://www.repittebeauty.cnctor.jp/


■LINE公式アカウント地方公共団体プランについて
LINE予約システムを導入するには自治体のLINE公式アカウントが必要です。地方公共団体の公式アカウントは1自治体につき1アカウント無償提供されています。

▼地方公共団体プラン 申込フォーム:
https://feedback.line.me/enquete/public/5251-vXVioUKL

■商標について
「LINE」は、LINE株式会社の商標または登録商標です。

■本件に関するお問合せ先   
株式会社コネクター・ジャパン 担当:三村 
メール:info (at) cnctor.jp ※ (at) は @ に置き換えて下さい 
問合せフォーム:https://cnctor.jp/contact/  
電話:080 - 4743 - 4824




提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



モバイルサイトQRコード
左のQRコードから
オモーションモバイルサイトへアクセス
http://www.omo-shon.com/