オモーション
2021年05月12日(水)

オモーション

新着ニュース30件






























プレスリリース
トップ » プレスリリース » 株式会社グローバルインフォメーション

ゲノミクス市場規模、2021年から2028年にかけてCAGR15.35%で拡大見込み
2021年4月16日 株式会社グローバルインフォメーション
Yahoo!ブックマーク  Buzzurl livedoorClip Flog Googleブックマーク del.icio.us ニフティクリップ  Twitter  GoogleBuzz
プレスリリース提供元:ValuePress!

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「ゲノミクスの世界市場:アプリケーション・技術(機能ゲノミクス、経路分析)、提供品(製品、サービス)、最終用途、地域別の市場規模、シェアおよび動向分析、セグメント別予測(2021年~2028年)」 (Grand View Research, Inc.) の販売を4月14日より開始いたしました。

世界のゲノミクス市場規模は、2020年には201億米ドルとなり、2021年から2028年にかけて年平均成長率(CAGR)15.35%で拡大すると予想されています。研究開発機関では、既存の遺伝子データベースを利用した研究努力を組み合わせることで、SARS-CoV-2感染に対する遺伝的感受性と重症度に対処しようとしています。宿主-病原体間の相互作用の基盤となる生物学的ネットワークや共通の変異を明らかにするために、マルチゲノムベースのアプローチやゲノムワイド関連研究(GWAS)が採用されてきました。同様に、多遺伝子リスクスコア(PRS)、ABO血液型、HLAハプロタイプなどのゲノムから得られるデータは、COVID-19の合併症、耐性、感受性を解読するために使用できる可能性があります。さらに、電子カルテ(EHR)とゲノムデータをリンクさせたバイオバンクを活用することで、SARS-CoV-2に感染した患者の臨床経過に対するゲノム要因の影響を調べることができます。

フィンランド分子医学研究所(FIMM)の研究者が立ち上げたCOVID-19 Host Genetics Initiativeは、COVID-19の結果、重症度、感受性の決定要因を解釈するために、人類遺伝学コミュニティにデータの分析、共有、生成を促すことを目的としています。 アイスランドのゲノミクスソリューションプロバイダーであるdeCODE genetics社は、SARS-CoV-2のゲノム解析を利用してウイルスの拡散を監視しています。

また、同社はアイスランド政府と提携し、ウイルス宿主のゲノム配列の解析を行っています。同様に、ギリシャ政府はCOVID-19-GRイニシアチブに資金を提供し、3,500人のCOVID-19患者のジェノタイプを行い、これらの患者から得られたSARS-CoV-2ゲノムのWGSを実施し、イミュノゲノム解析を行った。これらのデータは、詳細な臨床情報とともに、ギリシャのCOVID-19レジストリから取得することができます。

近い将来、出生前の遺伝子スクリーニングプログラムは、かなりのペースで成長すると思われます。これは、これらのプログラムが、妊婦が子孫の染色体異常を特定するのに役立つからです。さらに、今後10年間で、すべての新生児のゲノムが解読され、電子カルテに保存されることが予想されています。新生児スクリーニングプログラムにおけるゲノミクスの将来性を見極め、Counsyl社やNatera社などの新興企業は、市場での競争力を維持するために様々な遺伝子検査を開始しました。


【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/grvi996508-genomics-market-size-share-trends-analysis-report.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

記事検索
アクセスランキング トップ10










特集
お問い合わせ



モバイルサイトQRコード
左のQRコードから
オモーションモバイルサイトへアクセス
http://www.omo-shon.com/